これからこのブログで、君のメンタルを回復する「ホイミ」を唱えていこうと思う。 ここで確認しておこう。君は「勇者」で僕は君の回復役の「僧侶のぶゆき」。 僕の役目は君の心の傷を癒して、「真の勇者」にすることだ。
僕の言う「勇者」は「おおたに」でも「まえざわ」でも「ひろゆき」でもない。
つまり、「成功者」は「勇者」ではない。こういう人をうらやましがっても「勇者」にはなれない。
僕の言う「勇者」は「幸福者」だ。 こんな世の中だけど生きて行く、なんとなく無事1日がすぎていく。
明日はどんな「クエスト」を「クリア」しようかと、ワクワクして、夜も眠れない。
僕は君にそうなって欲しい。

「幸福者」になるための「作戦」を立てよう。
その前に「2人のお金持ち」の話を聞いてほしい。
ある社長の話である。 楽しい生活を憧れて、起業して頑張って自由に使える十分なお金を手に入れた。
十分なお金で、仕事の合間にホテルで1人になってビールを飲みながらスポーツ新聞を読む。 この時がこの社長の至福の時らしい。
しかし、社長はふと思った。ビールを飲みながらスポーツ新聞を読むことは社長にならないとできな かったことなのかと。
ある高校生の話である。
彼の家はお金持ちで自宅のお風呂を1億円かけて温泉施設のような感じにした。
家がお金持ちの彼が言う。
基本スマホでゲームができれば毎日楽しい。
つまり、今の時代、金持ちにならなくても幸せになれるのだ。