日常生活の中で、「死にたい」と考えることがあるかもしれない。
そんな時は「イチジク浣腸」を「ぶちゅっ」と「肛門」に注入することをお勧めする。
今回は、「死にたくなったら浣腸を」と言うテーマで話をしていきたいと思う。
ここから後は、「その理由」を書いていく。今、「死にたい」と言う思いが強くて、「切羽詰まっている人」は、 この後の文章は読まずに、まず「浣腸を優先」してほしい。「余裕のある人」はこの後の文章を読んで理由を知っ てもらいたい。
人は「考えすぎ」と言う「病」に侵されている。「考えすぎ」→「生活に悪い影響」は「科学的に証明」され ているようだ。「考えすぎ」た時、「考えない」ようにするか、「当たり障りのないこと」に考えをすり替える 方が良い。
それが、「よい人生」を送るコツだ。「考えすぎ」になりそうだったら、何とかして「考えない」ようにする
べきである。人生について「有益でない事は考えない」方がいい。
では、どうやって?
例えば、「音楽を聴く」「ゲームをする」「お菓子を食べる」「お酒を飲む」「タバコを吸う」などがある。 「お菓子」「お酒」「タバコ」は「体に良くない」のではないかと思うかもしれない。確かに体には良くない。 でも、「考えすぎるよりはマシ」なのである。
しかし、「音楽・ゲーム・お菓子・お酒・タバコ」の時も、「考えすぎてしまうこと」がある。 そこで、「強力な考えなくするシステム」が必要なのである。
それが「浣腸」である。 「浣腸」すると「強い便意」が襲ってきて「余計なこと」を考えられなくなるのだ。 しかも。「排泄の後」は「考えすぎていたこと」がどうでもよくなる。 それくらい「浣腸には強力」なのである。
だから、「家の冷蔵庫」に「浣腸をストック」して置く。そして、「死にそうなくらいに、ツラく考えすぎた時」 は、「ぶちゅっと浣腸」をしてほしい。